• beginners53

Office 365の話

Microsoft Officeには、パッケージ版のOffice 2016 や Office 2019以外にサブスクリプション版のOffice 365というものがあります。

サブスクリプション版というのは、購入時にそのパッケージ料金を払うのではなく月額いくらという契約を行って利用する形態で、これまでのパッケージ版のように、新しいバージョンが出ても買い換える必要はなく、常に最新のアプリケーションが利用できるというもの。

クラウド環境の普及によって今後はこのような形態での販売が増えてくるのではないかと思われます。

元々、Office 365は、Microsoftのクラウドサービスのプラットホームとしてスタートしたもので、オンラインストレージやメールアカウントの管理、プライベートWebサイト(イントラネット)などが利用でき、社内の情報共有ツールとしての利用を目的とするものでしたが、Office 365 Business がリリースされてから、従来のパッケージ版に代わるサブスクリプション版のOfficeという色が濃くなってきました。

現在もOffice 365 Business Premium やOffice 365 Business Essential など本来のクラウドサービスのプラットホームを有する契約形態もあるのですが、今後はどちらが主力となっていくんでしょうね。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2002年9月1日創業以来、今日で20年になります。 ただそれだけの事ですが、ここまで続けてこれたのも協力会社の方々やそのお客様など様々な方々からのご支援、ご指導があっての事と改めて感謝しております。 20年続くと欲が出るもので「よし、この調子でもう10年!!」などと意気込んでしまったりするものですが、この先も21年、22年・・・と、1歩ずつ積み重ねてゆけるよう、もう一度しっかりと足元を見つめ直し