top of page
  • beginners53

引き続き、元号対応の検証

昨日、3月5日公開のOfficeの更新プログラムでの元号対応を検証しましたが、本日、毎月恒例のWindows Updateで公開された更新プログラムを適用後、再び対応状況を検証して見ました。


レジストリィの元号表記を制御する場所に"InitialEraYear”という新しいキーが生成され、そのデータ値に『元年』を設定し、日付表示を和暦に変更すると・・・。

ご覧の通りカレンダーの表記は新元号元年に変わり、OSレベルでの『元年』表記が対応されたようです。

昨日も記しましたが、Officeでの『元年』表記の対応はまだのようです。

次回のアップデートに期待しましょう。


閲覧数:42回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Aceessで作成したアプリケーションを利用しているお客様から「帳票の印字位置が罫線とずれる」という連絡が入ったので、リモートで接続して状況を確認しました。 罫線の間隔は、0.423㎝、で、設定している明細サブレポートの高さも0.423㎝で特に設定上は問題ない。 しかし、少しずつ下へと印字がずれている・・・。 いろいろ調整したのですがなかなかその現象が解消しなかったのですが、とりあえずサブレポート

2002年9月1日創業以来、今日で20年になります。 ただそれだけの事ですが、ここまで続けてこれたのも協力会社の方々やそのお客様など様々な方々からのご支援、ご指導があっての事と改めて感謝しております。 20年続くと欲が出るもので「よし、この調子でもう10年!!」などと意気込んでしまったりするものですが、この先も21年、22年・・・と、1歩ずつ積み重ねてゆけるよう、もう一度しっかりと足元を見つめ直し

bottom of page