Skip to main content

ようこそBeginner'sへ

私達は、各種プログラム開発・システムコンサルタントを通し、中小企業のIT化の推進をお手伝いいたします。

ホーム
会社紹介
開発システム
気になる話題
2011年アーカイブ
2012年アーカイブ
2013年アーカイブ
2014年アーカイブ
2015年アーカイブ
2016年アーカイブ
お問い合わせ
ダウンロード
リンク集
サイト マップ
メンバーのログイン
お知らせ(2012年アーカイブ) 
 
おかげさまで10周年!!
おかげさまで本年9月に、創業10周年を迎えます。
これまで支えてくださった多くの方々への感謝と共に
今後とも一層のお引き立てのほど、よろしくお願いいたします。
 
2012.12.26 年末年始の営業日について
年末年始の通常営業日は、年末は12月28日(金)まで、年始は1月4日(金)からとさせていただきます。
ただし、システム障害などの緊急対応については、常時受付しておりますのでよろしくお願いいたします。 
2012.06.03 メールアドレスについて
beginners-web.jpのドメイン名移行が完了し、Office365への関連づけも成功したのですが、今更アドレスを元に戻すというのもどうかと思うので、とりあえず以前から使用しているメールアドレスmaruyama@beginners-web.jpだけを継続して利用できるように設定しました。
あまり意味が無いと言えば無い事なのですが・・・。
2012.04.02 サイトアドレス変更しました
かねてからご案内しておりましたサイト運用サーバー変更の際に、ドメインの移行ができないと言う不具合が発生したため、急遽新しいドメインに変更する事となりました。
これまで利用しておりましたbeginners-web.jpはOffice Live Small Businessサービスが終了する4月末日をもって閉鎖となる予定ですので、ご了承願います。
気になる話題(2012年アーカイブ)
このページでは、本来のシステム開発業務とはちょっと異なるけどコンピュータに関する最近気になっているトレンドなどコマネタを取り上げてちょっと紹介したいと思います。
興味のある話題があったらチョイと覗いてみてください。
 

2012.12.26 今年1年を振り返って・・・

2012年もあとわずかとなりました、私個人としてはお客様や協力企業様からの温かい支援もいただき、おかげさまで充実した1年を過ごせた気がします。

業界的にはiOS5やWindows8の発売開始など、タブレット化の波が押し寄せ、コンピュータの利用環境も大きく変化しようとしていますが、業務システムという限られた分野で考えると、まだまだ従来の手法でのシステム開発の必要性があるのではないかと思っています。

これからも、1件1件のお客様としっかり向き合ってシステムの開発やサポートに取り組んでゆきたいと考えておりますのでよろしくお願いいたします。

2012.11.17 過去の遺産(資産?)

長年、パソコンを扱ってきたこともあり、(学生時代のPC-8000を含めると30年以上)その間に数多くのOSの変遷を経験してきました。

今回のWindows8の発売も、Windows95が発売された時と同様、これまでのパソコンの利用環境を大きく変化させることになる事と思っています。

そこで問題になってくるのがこれまで利用していたさまざまなソフトウエアの互換性とそのソフトを利用して作成されたデータの移行。

今はまだ旧OSのサポートも続けられているし、Windows7も併売されているのでしばらくの猶予期間があると思うのですが、その猶予期間が切れて全面的に新しいWindowsへ切り替えなければならない時が必ずやってきます。

基本的にパッケージソフトなどの場合、開発元のメーカが新OS対応のソフトウエアをリリースしてデータの移行方法も提供してくれるのですが、オーダーメイドソフトの場合、開発元がすでに無くなっていたり担当者が退職してわかる人がおらず対応してもらえない場合もあります。

そうなると、高い費用を払って開発されたシステムも利用できなくなり、これまで資産と思っていたデータが過去の遺産となってしまいますね。

私の場合、MicrosoftのデータベースAccessを利用しているのでMicrosoftがOSを一新した場合や私がいなくなった場合でも、それに対応したAccessへの載せ替えや他の人によるシステムの更新が比較的容易にできるので、多少は安心できるのではないかと思っています。

2012.11.05 ウィルス対策

先週、実際にあったお話し。

お客様から『PCの動作がおかしい・・・』とのお電話をいただき、対応を行っていたところ急に『ああっ!!アイコンがどんどん消えてゆく・・・。』と悲痛な叫び声が・・・。

間違いなくウィルス感染です。

即座にPCの電源を切ってもらい現場に急行し、お客様のPCを預かって対処する事にしました。

対処方法としては内蔵ハードディスクを取り出し、別のPCへ外付けしてウィルスチェックを行った後に、ファイル復活ソフトで必要なデータファイルをバックアップ後、お客様のPCを工場出荷状態へ戻すというのが一般的です。

今回もその方法で何とか復旧することが出来ましたが、結構手間のかかる作業なのでそれなりの費用を請求させていただくことになります。

このような事態にならないよう、日頃からウィルス対策は手抜きしないようにしましょうね。

2012.10.29 Windows8発売開始

こちらでも何度かとりあげておりましたがWindows8が先週いよいよ発売となりました。

残念な事に、対応するハードウエアやアプリケーションのラインナップがまだ充実していない事もあり今回のバージョンも市場に浸透するまで半年から1年ほどかかりそうです。

そういう意味では少し期待はずれの感はありますが、iPadやAndroidなどの他のタブレット型端末と比較して従来のWindowsアプリを利用できるタブレットという面を考えればハードウエアのラインナップが充実してゆけば充分普及していく可能性があるものと思っています。

今後、業務アプリケージョンもタブレットモード対応のものが出て来る可能性もありますしね。

そういった意味では我々ソフトウエア技術者もまだまだ多くの物事を学んでいく必要がありそうです。

2012.09.24 そろそろ・・・

新しいiPhoneも発売された事だし、そろそろ・・・と思ってMicrosoftのPartnerサイトを覗いてみると・・・。

Windows8の製品リリース版が公開されていました。

早速ダウンロードしてインストールしましたので、このページやブログなどで試用した内容をレポートできればと思っています。

本当はタブレット端末での使用感も確認したいのですが持ち合わせが無いので当面は手持ちのノートパソコンでの動作確認になります。

細かな設定や新しいユーザーインターフェイスについてはまだまだ確認できていませんが、今のところ軽快な動きをしています。

Windows8の投入で市場が活性化してくれるといいですね。

2012.08.31 面白グッズ紹介

先日、発見した面白いグッズ。

なんと繋ぐだけで2台のパソコンが連携して操作が出来るという優れもの。

これは・・・という事で早速試してみましたぁ~~。

こちらにその試用レポートを掲載したので興味のある方は覗いてみてください。

今後もこのようにちょっと使えそうな面白いグッズを発見したらレポートしたいと思います。

2012.08.06 Office365の試用期限

9月16日で現在利用しているOffice365の試用期間が終了する。

試用期限の残り約1か月余りなのでそろそろ正式申し込みが必要かな?と思っているのですが特にMicrosoftさんからの連絡は入ってきていません。

もしかしたらこのまま自動的に製品版に移行される・・・って事はないよね。

製品版になったら支払い条件などの登録も必要になって来るしね。

まさか、このまま何も連絡が無いまま製品版の購入申し込みを行い忘れているうちに、このサイトが自然消滅ってわけではないと思うけど、いまいちそのあたりの契約手続き方法が分かりにくいんだよね。

2012.07.07 アフターサポート

私が一番大切にしているのはアフターサポートです。

如何に最新の技術を利用していようが優れたシステムであろうがそれを利用するのはお客様。

お客様が安心して長く使えてこそ、そのシステムが評価されるわけです。

もちろん、納期を守って確実にお客様の求めるシステムを提供する事も大切なのですが、納めた後は知らぬ顔という業者も見かけ、そう言う業者が作ったシステムの運用で困ったお客様から相談を受けることも時々あります。

私自身、一人で活動している事もあり、アフターサポートに不安を感じるお客様もいるのですが、出来うる限り迅速な対応を心掛けたいと思っています。

2012.06.21 埃は大敵

意外に思う方も多いかもしれませんがコンピュータにとって埃は大敵です。

先日もお客様から『CPUファンがうるさくって・・・』という電話をいただきましたが、実は機械の故障ではなく、埃の付着によってCPUの冷却効率が悪くなった結果、ファンが唸るようにまわり続けるという事になっていたのです。

CPUの冷却効率が悪いと演算速度にも影響が出てくる(動作が重たくなる)ので注意が必要です。

また、埃によって配線の絶縁不良やその逆に接触不良などによる回路の動作不良の原因となる事もあります。

空冷ファンが常にまわって冷却用の空気を取り込んでいる関係で外見はきれいに見えても以外と内部に埃が貯まっているという事も良くあります。

出来ることなら定期的に内部やコネクタなどの掃除をしていただければ、結構安定した動作でトラブルも少なく長く利用できるようになると思います。

2012.06.03 システム屋の本分(と言うより言い訳かも・・・)

前から思っている事なのですが、システム屋というもの、業務の達人ではありません。

最近特にそうなのですが、お客様は私たちシステム屋に正しい答えを出す事を求めるのですが、本当に正しい答えを知っているのはそのシステムを利用するお客様なんですよね。

私たちシステム屋はその答えを導き出すための手順や方法を考えるのが本来の仕事。

その中でコンピュータを利用して自動化できる部分をプログラミングして提供しているわけです。

もちろんその過程で業務の内容についてもいろいろと学び、出来るだけ詳細に理解していくのですが正しく理解できず作成したプログラムが間違った答えを出すこともあります。

それをバグと言われれば、バグに違いないのですがシステムの導入過程として必要なプロセスとしてご理解いただきたいものです。

2012.05.17 プロトタイピング手法の罠

ある程度基本となる画面や帳票を提示して現地で詳細な内容を確認しながらプログラムを作成するという、いわゆるプロトタイピング手法という開発方法があります。

この方法を利用すると打合せや詳細設計といった工程をある程度省略できるので早い段階で製品を提供することが出来、現地で実際に使用してもらいながら要望点を確認できるため、最終的な仕上がりがよりお客様のイメージに近いものになると言うメリットがあります。

私がMicrosoft Accessを利用して開発を行う事が多いのはこの手法をとりやすいからなのです。

こう書くとプロトタイピング手法って良い事ばかりのように思われますが、お客様に『未完成の中途半端な製品を押し付けられた』とか、『プログラム開発の手伝いをさせられている』等とかえって悪い印象を与えてしまってトラブルに発展する事もあります。

実際に私も、それで何度か痛い目にも遭いました。

最終的に理解していただいてその後長くお付き合いさせていただいているお客様もありますが、それ以来全くお付き合いいただけないところもあります。

色々トラブルの原因が考えられますが、システム開発手法やお客様の対応と言うより、きっと私のお客様への気遣いが足りなかった事が最大の原因なのでしょうね。

2012.04.27 最近のネットワーク障害

最近、“ルーターを最新のものに入れ替えたらネットワークの接続が不安定になった”という相談を受ける事が増えています。

回線スピードの高速化や無線LANの性能向上のために入替えたのにこれでは困りますね。

そんな時は、ネットワークの設定でIPv6プロトコルが有効になっていないかどうか一度確認してみて下さい。

インターネットで利用されている通信プロトコルの規格には、IPv4とIPv6の2種類があり、以前はIPv4のみを利用していたのですが、アドレスの枯渇という問題からIPv6へ移行する動きがあり、最近のルータなどもそれに対応して両方の規格を利用できるようになっています。

このため、気づかないうちにネットワーク内にIPv4とIPv6が混在している状態になっています。

この事とネットワーク障害との因果関係については分かりませんが、念のためIPv6プロトコルを無効にする事によってトラブルが解消する事が多いようです。

2012.04.24 パッケージソフトのトラブル

先日、一般的に広く流通している販売管理のパッケージソフトが正しくインストールできないという救援依頼を受けて対応する事がありました。

家電量販店でも気軽に購入できる大変メジャーなソフトでしたが昨今のパソコン環境が複雑になっているせいかパッケージで用意されたインストールプログラムでは途中でエラーが発生して作業が中断してしまうという現象のため、私のわかる範囲で構成されるソフトウエアを一つ一つ手作業でインストールしてみたところ、どうにかそのパッケージソフトを動作させることが出来ました。(正しくインストールできたか自信ありませんが・・・)

今後ますますパソコンの環境は複雑化してゆく傾向になるのでこういったトラブルも増えてくるかもしれませんね。

2012.04.02 Office365の利用

本日より当サイトをOffice365というMicrosoftが提供するクラウドサービスにて運用する事となり、それに伴い、ドメインがbeginners-web.jpからbeginners-web.comへ変更になりました(その経緯はこちらを参照願います)。

Office365を利用するメリットとしてOffice Web Appsにより、Office製品(Word,Excel,PowerPointなど)を利用可能という点(1ユーザーあたり月額600円~)と、これまでのOffice Liveサービスと比較してセキュリティ面や運用安定性・サポート体制などが強化・充実されていると言う事でしょうか。

そのほかについては実際に利用してみて後日報告できればと思っています。

2012.03.04 Consumer Preview

いよいよWindows8のConsumer Previewが公開されました。

早速、手持ちのノートPCにインストールしてみました。(インストール記事はこちら→「前編」「後編」)

これから少しずつ時間をかけて評価してゆきたいと思います。

第一印象としては、Metro UI上で動作するアプリが今までのWindows上で動作するアプリとは操作性がちょっと異なるので戸惑いそう・・・といった感じなのですが、コントロールパネルなどネットワークやシステムの設定画面は結構Windows7のままの形でWindowsデスクトップ上で動作するみたいです。

とにかくいろいろ試してみます。

2012.02.20 期限付きライセンス

最近、Microsft Office等で2年間の利用ライセンスという言葉が目につくようになってきました。

これまでは、製品を購入したらその製品に関して半永久的に利用できたのですが、その利用権に期限を付けようという事のようです。

確かに、古いソフトウエアをバージョンアップせぬまま利用されてもセキュリティの問題やデータの互換性などの動作保障の問題などが発生するのでメーカ側としては新しい製品へ期限が来たところで順次アップグレードしてもらうというのが狙いなのでしょう。

また、既に多くのアンチウィルスソフトがそうであるように、アップグレードせずともライセンスの更新という形で定期的にソフトウエア使用料が入ってくるというのは魅力的ですね。

利用する側としては、ちょっと納得できない部分もありますが・・・Office365のようにクラウド化によって月額利用料という形で提供されるものも推進していくようなので、今後は、期限付きライセンス販売されるソフトウエアが増えてくるのではないかと予想されます。

2012.01.31 Office15

"Office15"というコードネームで新しいMicrosoft OfficeのTechnical Previewが開始されたらしいです。(ただし、英語版ですが・・・)

現在のOffice2010がリリースされてから3年が経とうとしているわけですし、今年の秋にはWindows8がリリース予定なので当然と言えば当然なのかもしれません。

これまでもOffice2000、OfficeXp(2002)、Office2003、Office2007、Office2010とWindows同様、Officeもライフサイクルを3年ほどに定めてリリースされてきたMicrosoft Officeですが、あまり頻繁なバージョンアップというのも果たしてユーザーにとって良い事なのか疑問はありますね。

私としては大した変化が無いのならライフサイクルをもう少し伸ばしてほしい気もします。